動画の不要な部分を劣化せずにカット「Avidemux」

高機能動画編集ツール Avidemux。
スポンサーリンク

Avidemux Avidemux 公式サイト日本語化パッチ) 動作環境:Windows Mac OS X PC-BSD Linux

Avidemux Shot1

Avidemuxは高機能動画編集ソフトで劣化することなく不要な箇所を指定しカットすることができます。
対応する動画形式はMP4、AVI、MPEG、FLV、ASF、VOB、M4V、3GP、WMVなどほとんどの動画フォーマットに対応しています。

Avidemuxで不要な部分のカット(例えば録画した動画のコマーシャルカットなど)の手順を紹介します。
1、Avidemuxを立ち上げ編集したい動画をドラッグ&ドロップして読み込ませます。
2、矢印やカーソルなどマウスで調整し不要な部分の始点にします。
Avidemux Shot3

不要な部分に合わせてAvidemux Shot4を押します。
Avidemux Shot2
(ここからいらないと指定)

3、次にカーソルなどでここまでいらないと指定し、Avidemux Shot5を押します。
Avidemux Shot6

すると下のカーソル部分が囲まれます。
その状態でメニューの「編集」→カットとすると奇麗に動画の不要な部分のみカットできます。
Avidemuxは動画カット機能の他、動画フォーマット変換、映像にフィルタをかけるなど様々な機能があります。
スポンサーリンク

関連ツール

LosslessCut LosslessCut
動画の必要な部分を画質を落とさずカット編集。

Free Video Editor Free Video Editor
動画の必要な部分だけ無劣化でコピーする。

UniteMovie UniteMovie
動画・音声ファイル結合ツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です